http://eimippi.com



カテゴリ
全体
◆Information◆
About Music
Photographs
Paintings/Drawings
Others
検索
最新の記事
いよいよレコ発!
at 2015-04-14 21:47
リリースパーティ
at 2015-03-18 20:50
RECラスト!
at 2015-03-08 21:55
オープンアトリエ
at 2015-02-23 01:00
スリーピース
at 2015-02-16 19:44
おもゆ
at 2015-02-10 10:12
入院のご報告
at 2015-02-06 07:50
ふらりフェス終了!
at 2015-01-26 20:20
ふらりフェス!
at 2015-01-22 22:59
水金地火
at 2015-01-10 18:21
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
more...
フォロー中のブログ
nakasayablog
olga/tanakak...
Guitarist Ry...
nanachro.blog
ベリーダンス☆ナビーラ ...
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
画像一覧

MOTTAINAI
募金サイト イーココロ!
世界天文年2009




オペラなぞ
なぜか滅多に話題にしない、音楽についての話。
わたくし、一応音楽家でもあると思うので、たまにはしてみましょうか。


自分のプロフィールに、小さい頃からオペラをみて育った、みたいに書いていますが、この一文に抵抗感を持つ人が意外に多いみたいですね。
オペラってそんな大層なものではないと思うのですよ。
しかも私なんか、劇場で観たのは2回くらいしかなくて、あとは自宅で観ただけです。映画をDVDで見るようなものです。
歌い方がちょっと、とか思うのかもしれないけど、ストーリーとか、舞台装置とか衣装とか、結構面白いものですよ。


その中でも一番キャッチーで見やすいだろうな、ていうか私が一番好きだなと思うのが、ビゼー作曲の『カルメン』です。
しかも、これ。

d0027886_404768.jpg








http://www.hmv.co.jp/product/detail/612380


ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で、ジェームス・レヴァインが指揮で、カルメンはいまだにこの人が一番と言われるアグネス・ヴァルツァー、ドン・ホセは三大テノール歌手(パバロッティは亡くなってしまったけど)ホセ・カレーラスが白血病になる前のころ、他の出演者もメトロの売れっ子という素晴らしいものです。
スペインの煙草工場、脱走兵、密輸というなんか暗めの雰囲気から、酒場でのジプシーの踊り、闘牛士の行進など華やかな場面まで、舞台セットや衣装の格好いい事!
そしてビゼーの音楽のおしゃれな事!ビゼーはフランス人だからね。歌と楽器のハーモニーの割り振りがすごいのです。捨て曲も無し!
これを観たら、オペラへのイメージ、変わると思うのですよ。

ちなみに最近、英訳付き伴奏用の全編ピアノ譜というマニアックなものを買ってしまいました。やたら勉強になります。これまた楽しい。さらに保存用のDVDも買いました。うちにあるのはLDだからね。笑


そして私の中のナンバー2は、ヨハン・シュトラウス2世の『こうもり』。

d0027886_405627.jpg








http://www.hmv.co.jp/product/detail/1814248


これは喜劇です。ひたすら面白くて笑えるし、衣装も音楽もとっても華やか。
さすがウィーン風という感じですね。このオペラ自体は、軽い気持ちでサクッと観る事ができます。オススメ!
そういう感じでいけば、モーツァルトの『フィガロの結婚』も軽めで楽しい。何種類か観たけれど、だいたいどれも良い感じなのでオススメ版はわからないのですが。


モーツァルトといえば『魔笛』なんかが一番有名なのかな。
超絶夜の女王の歌なんかは必ずどこかで聴いた事ある、みたいな。
個人的には少々長ったらしい感はあるけど、内容的にはロード・オブ・ザ・リングとかナルニア国物語などの類いでしょうか。
一応モーツァルトらしくちょいちょいおふざけをはさみつつも、フリーメイソンの宣伝を混ぜているとか、いないとか(wikipediaより)。


まあ、私はオペラは抵抗なく観ますが、それでも好き嫌いはあります。ワーグナーとかプッチーニとかは苦手だし。
なんだかんだ言って、私はキャッチーなものが好きです。。ハッハッハ。



どうでも良いけど、ユーチューブで見つけたおもしろ夜の女王のアリア。ハッハッハ。
(すごい子供)

(ボーカロイド)
by Eimippi | 2010-02-15 00:00 | About Music
<< 二人展 sorairo 南青山でのライブのお知らせ >>